シュミエイガ

映画の感想・連想・妄想ついでにイラスト:履歴書の趣味欄は映画鑑賞だった

20年ぶりに、「ゴースト&ダークネス」:人喰いライオンvs.凄腕ハンター

2頭のライオンに肩入れした記憶あり もう一度みる気になったのは、別の映画「VHSテープを巻き戻せ」に触発されたから。ビデオレンタルショップ隆盛当時、気に入った映画をVHSテープにダビングしてコレクションしていたことを懐かしく思い出した。確かこの映…

「永遠の門ゴッホの見た未来」をみた:もしそうなら少し悔しくて残念

定説に揺らぎがあることすら知らなんだ 悔しいというのは、ゴッホの絵のさらなる変遷を見れたかもと想像してしまったのだ。

「わたしは告白する」をみた

みんな別の方向を見てる感 モノクロのヒッチコック監督作品である。親身になって世話をしてきた教会の使用人ケラーに殺人を告白されたローガン神父。彼自身に嫌疑がかかるが、守秘義務ゆえに告発することができない。

「プライベート・ウォー」と「メリー・コルヴィンの瞳」:2人のメリー

伝記映画だから本人の映像を? 「プライベート・ウォー」は戦場ジャーナリストのメリー・コルヴィンがシリアで殺害されるまでの数年間を描いた伝記映画。 「メリー・コルヴィンの瞳」はシリアへの彼女の取材に同行したカメラマン、ポール・コンロイが撮影し…

物語の力。彼女の名前がLunaでよかった・・・「シシリアン・ゴースト・ストーリー」

幻夢のようなラブストーリー イタリアのシチリア島で実際に起きた事件がベースにある。被害者の少年が味わった絶望と恐怖を私は想像したくない。 映画では、少年に心を寄せる少女ルナの幻視と、少年の魂が呼応して、突き抜けた解放感のある風景にたどり着く。

「とうもろこしの島」:土地って誰のもの?

ほとんど会話ないけど耳を澄ましていた 「みかんの丘」からアブハジアつながりでみた映画だ。 登場人物は数人。大きな川の中洲でとうもろこしを作るおじいちゃんと孫娘、土地を巡り敵対する兵士達が数人。

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」

不慮の死を迎えた夫が、妻のもとに戻ってくる映画ということで、アラン・リックマンが幽霊となって戻ってくる「愛しい人が眠るまで」みたいな感じかと思っていたら、嬉しくも予想を裏切られた。

遅ればせながら「レディ・プレイヤー1」を見て自分のアバターを妄想してしまった

CGの美しさと世代的に懐かしいカルチャー目白押しで楽しめました 初代ガンダム世代なのである なので「俺はガンダムで行く」の場面だけで☆3つほど自動加算。世代の違う観客は楽しめたのかな。いや、そもそもターゲットとする観客が若者じゃないのかな。 こ…