シュミエイガ

映画の感想・連想・妄想ついでにイラスト:履歴書の趣味欄は映画鑑賞だった

同じ映画を見たはずなのに、感情移入した役が違ったり、グッときたシーンがお互いに思いがけないところだったり、時には違うストーリー認識になっていたりする。「え〜?」とか「そんなシーンだった?」などと盛り上がるのも映画の楽しみの一つ。映画は見た人それぞれのモノになる。だからスターウォーズ4、5、6の公開時オリジナル版をもう一度見るのが夢なのだ。
ブログ投稿数
19 記事
ブログ投稿日数
19 日
読者