シュミエイガ

映画の感想・連想・妄想ついでにイラスト:履歴書の趣味欄は映画鑑賞だった

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」

不慮の死を迎えた夫が、妻のもとに戻ってくる映画ということで、アラン・リックマンが幽霊となって戻ってくる「愛しい人が眠るまで」みたいな感じかと思っていたら、嬉しくも予想を裏切られた。

あのゴーストは地縛霊ということになるんだろうか。執着を持ってしまった場所からは離れられないようだ。

だが、時の流れは方向を失う。肉体を持っていた時のようにはっきりとした意識はなく、ふと気づくと過去や未来の時の中にいる。一瞬、戸惑うが受け入れるしかない。

ゴーストは時の中を彷徨い、生前この家に感じていた不思議な感覚の意味を理解する。

タイムトラベル的な要素がある映画の、時の重複する感じ(時間の作る円の中に閉じ込められるような閉塞感)が苦手なので、この映画のエンドレス感がどうも居心地悪い。ポルダーガイスト現象をゴースト側の気持ちに寄り添ってみるのは新鮮だった。

シーツお化けなので、布の作るヒダが唯一の表情になる。使った繊維はシーンで使い分けたかもしれない。布の端をツンツンと引っ張ったりしてシーツの落ち感やヒダの陰影を整えるのだ。

カラフルな布をかぶったシーツお化け

シーツのヒダや出っ張りはけっこう雄弁だ。(できればカラフルなシーツがいいな)

孤独な傍観者であることを強調するような2つの穴の位置も絶妙で、どこか愛嬌のあるゴーストになっていた。

2017 A Ghost Story アメリカ