シュミエイガ

映画の感想・連想・妄想ついでにイラスト:履歴書の趣味欄は映画鑑賞だった

「ジョン・ウィック パラベラム」を見た

群舞を鑑賞するようにアクションシーンを堪能いたしました

「アンダルシアの犬」という映画に、眼球を剃刀で切り裂くシーンがあるというのでいまだ見れずにいるのだけれど、血飛沫舞うこのジョン・ウィックシリーズはクリアできてます。

ジョン・ウィックシリーズの犬たち

この映画を見る楽しみの一つが犬たち。1作目は亡き妻からジョナサンに送られた愛らしいビーグル。そのラストで相棒となった寡黙で従順なピットブルは2作目・3作目でも主人公に寄り添っていた。次回作にも当然出演するはずと期待大。

今回はソフィアの忠誠心溢れるジャーマンシェパードが、獰猛さと破壊力を見せつけてくれた。犬、すごい。

4作目も新たな犬が登場したりして。と、妄想止まず。

映画「ジョン・ウィック」1・2・3章に登場した犬たち

はてなのお絵かきツールにて

そういえば、今回、馬と、ハトと猫も画面に登場したのだった。

ブレードランナーのロイを思い出してしまったぞ

ジョン・ウィックの戦いが正義のためでも、世界のためでもないところが好きである。

自分が死ぬ時、妻の記憶も消える。それが耐えられないのだ。

ブレードランナー(1作目の方)という映画のラストで、人造人間レプリカントが呟く言葉を思い出した。

もう一度見てみようかな。

それに、バワリー・キングとジョン・ウィックが共闘するなんて、「マトリクス」を連想してニヤリ。

久しぶりに「リベリオン」のガン・カタも見たくなった。

やっぱり映画っていいなぁ。

2019 Jhon Wick:Chapter3-Parabellum アメリカ