シュミエイガ

映画の感想・連想・妄想ついでにイラスト:履歴書の趣味欄は映画鑑賞だった

「ビルとテッドの大冒険」を、今見る

画面の中にささやかな平和を求めて

ギターはド下手だが勢いだけは無限大、バンドを組む能天気な高校生コンビ、ビルとテッドの落第を阻止するために、未来からタイムマシンを携えた使者がやってくる。

久しぶりに、本当に久しぶりに、ビルとテッドに会いたくなった。新作ではなく30年ほど前の第1作の方だ。このゆるさが癒しに通じる。

タイムマシンものは想像が無限ループに陥るので苦手だけれど、この映画だけは別だ。

未来において彼らの音楽は、人々の心だけでなくあらゆる生物に平和をもたらすという。

音楽か、

音楽だ。

f:id:movies-365:20220326170331p:plain

 

30年を経て、続編が制作された。年を経て主演の2人も戻ってきた。映画文化のこんなところが好きだ。

新作の「ビルとテッドの時空旅行」も、もちろん見たい。でも、今はちょっと我慢している。

Bill & Ted's Excellent Adventure 1989 アメリカ