シュミエイガ

映画の感想・連想・妄想ついでにイラスト:履歴書の趣味欄は映画鑑賞だった

名前だけ知っていたハリーハウゼン

家にフルタ製菓のハリーハウゼンシリーズのフィギュアが何体かある。当時フィギュアコレクターだった知人が重複して手に入れたものを譲ってくれたのだ。

フィギュアのもととなった映画を見たことはなかったが、昔TV放映で繰り返し見た「タイタンの戦い(1981)」の特撮もハリーハウゼンの手によるものと、その頃教わった。

シネフィルでハリーハウゼンが携わった映画の特集が組まれ、以下の5作品を録画していた。それを一気に見た。

映画の世界に耽溺したり、登場人物に共感したりする鑑賞の仕方ではなく、特撮を見る。それもこの映画が作られた時代の観客になった気分で。そんな楽しみ方をした。当時みんなワクワクして驚異の映像に見入ったのだ。

制作する側の楽しみも想像しながら見たあと、それぞれの好きなところを書き留めておく。ストーリーではなく目が楽しんだポイントだ。

「水爆と深海の怪物(カラーライズ版)(1955)」

店舗の窓ガラスを破って入った触手が物をなぎ倒すシーン。潜水服のイエローとカーキ色のボンベの取り合わせ。

「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す(カラーライズ版)(1956)」

宇宙人のノペッとしたシルバースーツとカカシのような歩き方。

「地球へ2千万マイル(カラーライズ版)(1957)」

卵の時に誘拐され、地球で泣き叫ぶイーマ。タスマニアデビルの鳴き声を連想。イーマと巨大象のバトルでは象の方に目がいく。

「SF巨大生物の島(1961)」

ネモ船長作、貝で作ったダイビングツール。

「SF巨大生物の島」に出てくる貝で作った潜水具

巻貝でできた斬新なダイビング器材

「ガリバーの大冒険(1960)」

少女がガリバーとエリザベスを入れるバスケット。花模様が可愛いのだ。

 

オリジナル版を見てみたい

カラーライズ版とあるからオリジナルは白黒作品か。着色することで生きる画面がある一方で、失われるものがあるだろう。

日本映画の初代ゴジラは白黒だからこそ、暗く沈んだゴジラのシルエットが恐怖を醸し出す。ゴジラがカラーライズされたら、迫力が減じてしまいそうだ。

今回の5本のうち、「水爆と深海の怪物」が一番好きだ。生物のストップアニメーションが好きなのだ。